線の太さの画面上とプリンタの個別設定

「作図」「直線(連続線や四角形等)」のプロパティで線の太さを設定しても、画面上とプリンタ印刷では解像度が大きく異なるために画面で作成した太さとプリンタで印刷した太さが違っていました。線の太さを7とかにしても画面ではすごく太くなるのに印刷すると、あまり太くならないという問題です。


これが線の太さを番号で設定し、画面上とプリンタ印刷で太さを個別に設定できるようになりました。

「作図」「直線」でプロパティボタンを押してダイアログの左側をご覧ください。



「線の太さ」が「線太タイプ」となっています。ここで線の太さの番号を決めます。OKを押してください。

次に「ツール」「設定」「全般」の画面右に「線太タイプのピッチ」とあります。このボタンをクリックしてください。



「線太タイプ」に対して画面上での太さとプリンタでの太さを設定します。この数値はピクセルですので、お使いのディスプレイやプリンタで太さは異なります。実際に印刷してみて太さを調整してみてください。

「線太タイプのピッチ」の設定ができると、次から作図するときは線のプロパティで「線太タイプ」を切り替えて線の太さを決めてください。

また、従来の「印刷時の線の太さ」は「印刷時の道路の端の太さ」で、道路や鉄道の太さ設定のみ行うようになっています。
道路や鉄道の線が細いという場合に、この数値を大きく設定します。