JPEG、GIF、PNG形式について

JPEG、GIF、PNGとは画像ファイルです。インターネットのページで使われる画像の形式をいいます。デジカメなどでとった写真はjpeg、タイトルロゴや絵などはgif形式が多いです。間取りっど3やラクCAD2で作成した間取りをホームページにのせるにはいずれかの形式に出力する必要がありますが、それぞれに長所と短所があります。

どの形式で出力するかは各人の好みやサイトの規定などにによりますが、間取りなどではJPEG形式での利用が一番多く見られます。

種類 JPEG形式 GIF形式 PNG形式
長所 ・どのブラウザでも対応
・フルカラー
・どのブラウザでも対応
・透過GIFにできる
・容量が比較的小さくできる
・フルカラー
・ファイル容量が小さい
短所 ・にじむようになることがある。
・容量が大きい(出力時に圧縮率を下げることで容量を落とすことが可能。ただし圧縮率に応じて画質は落ちます。)
・256色で、作成した色が変わることがある。 ・対応していないブラウザ(下記参照)がある。
・JPEG、GIFに比べ、若干一般的でない。



PNG形式のデメリットとしてはごく一部のブラウザで対応していないことです。しかし現在使われているほとんどのブラウザで表示できます。

ブラウザ対応表
Internet Explorer (Windows)
3.0 以前ではまったく表示できません。4.0 以降で対応。
Internet Explorer (MacOS/MacOSX)
5.0 以降で対応。
Mozilla, Netscape6/7 等の Gecko 系ブラウザ (Windows, MacOS/MacOSX, Linux 他)
全バージョンで対応。対応状況も良好。
Netscape Navigator (Windows, MacOS, Linux 他)
4.04 以降で対応。

不動産検索サイトなどの登録サイトに画像をアップロードするとき画像形式が、JPEGかGIFに限定されている場合があります。その場合はJPEGかGIF形式にしてください。

ワードやエクセル、イラストレータなどのアプリケーションへの画像挿入は従来どおりEMF(拡張メタファイル)かBMP形式をお使いください。