ライラックシステムは、不動産・建築・間取りを必要とするあらゆる業種に最適な、間取り作成ソフト不動産チラシ作成ソフトを開発販売いたしております。

ズームを利用して作図しましょう

初期画面は全体表示画面です。用紙のイメージになっていますが、ディスプレイは解像度が荒く、細かいところに線が密集していると潰れたように見えますし、選択や配置などの作業がしにくくなります。

画面上部のツールバーのズーム拡大ボタンを押します。

拡大したい部分をマウス左ボタンでドラッグ(マウス左ボタンを押したまま動かす)すると、徐々に大きくなります。
(PRO2・5はボタン、PRO・4はドラッグしたまま囲むことによって、囲んだ範囲をズームできます)。

拡大されて見やすくなるので、「選択」や「配置」作業がラクになります。
この「拡大」はアイコンのとおり、虫メガネで紙をみているのを同様に、実際の図面を大きく引き伸ばしたわけでありません。

拡大した状態で、作業したい場所を移動するとき、「表示」の「手のひらツール」を押し、画面をドラッグ(マウス左ボタンを押したまま動かす)して作業しやすい位置に画面を移動します。

拡大して作業を行い、作業ができたら全体表示ボタンを押して全体を見ます。
そしてまた別の作業箇所を拡大して作業を行います。
縮小ボタンでもう少し画面を大きくしてもよいのですが、手ごろな大きさに調整しにくいので、拡大ボタン→作業→手のひらツール→全体表示→拡大ボタン→作業・・という流れで作業を行うとスムーズに作業できます。縮小ボタンは拡大しすぎた時の微調整に使用します。

慣れてきたら・・・

「選択」モードだと、ズーム拡大ボタンを押す代わりに、マウスのボタンを両方同時に押すことによってズーム拡大ボタンを押したのとと同じ効果があります。
慣れてくるとズーム拡大ボタンをいちいち押すのがわずらわしくなります。「選択」で拡大したい部分をマウスのボタンを両方押しながらドラッグで拡大してみてください。
全体表示にするときはを押します。




要点に戻る