ライラックシステムは、不動産・建築・間取りを必要とするあらゆる業種に最適な、間取り作成ソフト不動産チラシ作成ソフトを開発販売いたしております。

広さを指定して部屋作成

間取りっどPRO2(version2.3.0以上)、間取りっど5(version5.2.2)から、「四角形部屋作成」時に帖数もしくは横、縦の距離数値指定(PRO2のみ)で作図できるようになりました。
「部屋選択」の下部をご覧ください。



固定無・・・従来通り、1、2点の左クリックで、部屋の大きさを決めます。

帖固定・・・リストから帖数を選ぶと、1点目から、マウスの位置に合わせて、現在のモジュールでの帖数の部屋が作成されます。

数値固定(PRO2のみ)・・・横、縦をmmで指定すると、そのサイズの部屋が作成できます。


では、「四角形部屋作成」で、「和室」を選び、帖固定にチェックを入れ、リストは6のまま、 画面上を左クリックしてみてください。
ドラッグせずにマウスを動かすと、1点目からのマウスの位置に合わせて6帖の部屋が作成できます。左クリックで確定です。


「間取りっどPRO2」は次に、数値指定で作成してみます。「数値指定」にチェックし、横方向、縦方向の壁芯距離を半角数値で入力してください。

画面上を左クリックします。マウスの位置に合わせて、入力した数値の大きさの部屋ができます。左クリックで確定です。


注意:数値固定をすると、グリッドからずれて、グリッドに吸着しないことがあります。 ずれた場合は、グリッド間隔を変えるか、壁芯吸着か、相対位置(sgift+左クリック)で作図しなければいけなくなりますので、グリッド吸着で作図をしていた場合は、ご注意ください。



また、「帖数で表示」と、「u(壁芯)で表示」が、部屋選択ダイアログで切り替えられるようになりました。

作図中のピンクの枠に作図中の部屋の大きさが帖あるいは、uで表示されます。多角形部屋作成でもできます。

「帖数を表示する」にチェックしていると、作図後に部屋文字で出力されます。
「ツール」「設定」「部屋情報の編集」で従来切り替えていましたが、部屋選択で作図中に簡単に切り替えられます。