ライラックシステムは、不動産・建築・間取りを必要とするあらゆる業種に最適な、間取り作成ソフト不動産チラシ作成ソフトを開発販売いたしております。

オブジェクトの数測定

間取りっどPRO2(version2.2.8以上)のオブジェクトの数測定です。

作成中の図面に、部品(グループ)がいくつあるか、直線が何本か等、レイヤーごとに数を測定、文字出力するツールです。

「ツール」「測定」「オブジェクト数」を選びます。



・「編集中レイヤー番号」・・編集中のレイヤー番号にある数を測定します。デフォルトはここです。
・「編集中グループレイヤー」・・編集中のグループレイヤーにある数を測定します。
・「全レイヤー」・・・図面全ての数を測定します。


グループ(部品)は、部屋と建具、さらに立面の屋根などを除いた数です。
図形や直線、連続線ごとに数が出ます。
「壁詳細」で柱自動表示にしていた場合、その柱はカウントされません(配置した柱のみ)。

文字として出力したい場合、出力したい項目にチェックを残し、「文字として出力」で、画面中央に出力されます。




(利用例)コンセントの数

配置したコンセント部品の数を取得したい時などに使用します。
まずコンセント部品を配置するレイヤーを決める必要があります。部品はそのレイヤーにあるものの数を全て測定しますので、例えば間取りを0-0で作成していた場合、コンセントは0-10に配置すると決めておきます。



コンセントのあるレイヤーを編集中にします。

「ツール」「測定」「オブジェクト数」を選びます。


部品は7個であることがわかります。「グループ」以外のチェックを外して「文字として出力」を押します。



画面中央に文字が配置されます。