ライラックシステムは、不動産・建築・間取りを必要とするあらゆる業種に最適な、間取り作成ソフトを開発販売いたしております。

地図くりえーたー4 Version4.0.12に無償バージョンアップ


地図くりえーたー4がバージョンアップしました。
バージョン4.0〜のユーザー様は、無償にてユーザーの部屋から、アップデートプログラムがダウンロードできます。
お持ちの製品のバージョン番号は、メニューのヘルプ→バージョン情報で確認してください。どのバージョンからでもこのアップデートで最新になります。追加修正部分は更新履歴をご参照ください。
機能アップ、操作性向上しますので、バージョンが最新でない場合は必ずアップデートしてください。
地図くりえーたー4以前のバージョンからは無償バージョンアップできません。

更新履歴

Version4.0.05 → Version4.0.12    2020/11/16

変更点

1.画像取り込みのjpeg画像の画面表示、並びに画像出力の画質が大幅に向上しました。
・印刷においては、従来から元々本来の画質での表示になるので、同じくきれいです。
・「地図くりえーたー4」でjpeg画像を取り込んで保存したファイルも画質がきれいになります(地図くりえーたー3以前の取り込み画像は以前と同じです。)
・画像の移動伸縮のスピードは画像サイズによって若干遅くなります。
・PNG、GIFのクオリティは地図くりえーたー4のリリース時から画質はきれいです。
・クリップボードからの取り込み画像は画面の表示そのままです。

2. 「道路」の滑らか曲線をセンターライン入りで書いた時に、センターライン間隔がポイントごとになって直線などの間隔とあわないのを、半分の長さにして近い間隔での作図ができるようにしました。

3.「鉄道」の白黒(私鉄は線)の間隔がデバイスごと(ウインドウの大きさや画像出力時)に白黒が入れ替わることがあるので、部品などと同じく、どの状態でも同じ表現で描画されるようにしました。
また、センターライン(カーブを除く)も同様に修正しています。

4.「鉄道」のカーブで、x軸0度の白(もしくは黒)の間隔が長くなる場合があるのを修正しました。

5.「地図くりえーたー3」以前で作成した透過GIFのあるファイルを「地図くりえーたー4」で開いて、「動作設定」で「地図くりえーたー3形式で保存する」にしていても、再度保存すると透過がなくなるのを修正しました。



戻る