ライラックシステムは、不動産・建築・間取りを必要とするあらゆる業種に最適な、間取り作成ソフト不動産チラシ作成ソフトを開発販売いたしております。

不動産チラシ作成FT02バージョンアップ履歴

Version2.51→Version2.52    2011/12/26

変更点

1.「作図」「吹き出し」で、吹き出しを簡単に作成できる機能を追加しました。詳しくは

吹き出しの作図

をご覧ください。


Version2.50→Version2.51    2011/8/24

変更点

1.「地図くりえーたー3」version3.023以降の曲線の点線表示部分修正に対応いたしました。
2.多角形などの「アール作成」時に、「表示」「グリッドに吸着する」を設定していた場合、3点目の弧の大きさを決める時にフリーズ発生する場合がある部分を修正しました。
3.「地図くりえーたー3」図面取り込み時に、白黒で川に波表示していた場合、波が消えるのを修正しました。


Version2.45→Version2.50    2011/1/13

変更点

1.レインズのデータ(東日本・中部レインズ(売買)・近畿レインズ(2011/8までの稼動のもの(売買・賃貸)))を取り込む機能を追加しました。
A4,B5,B4,A3各テンプレートに一発変換できる販売図面テンプレート(売買土地・売買戸建・売買マンション・売買外全・売買外一・賃貸居住用・賃貸事業用)を追加しました。詳しくは

レインズデータからの取り込み

をご覧ください。

2.範囲選択で文字縦書きが選択されにくいのを修正しました。
3.文字縦書きの文字位置合わせがずれる場合があるのを修正しました。

Version2.441→Version2.45    2010/4/5

変更点

1.レイヤーの表示切替と一覧を統合しました。画面左側一番下のボタンで一覧画面が表示されます。
一覧画面で「表示←→非表示切り替え」と「表示ALL切替」ができます。


2.「テンプレートファイルを開く」のデフォルトフォルダの設定で、「設定」「全般」「テンプレート」で、従来は「テンプレートフォルダの場所」の「参照...」でA4やB4を切り替える必要がありましたが、「A4」「A3」「B4」「B5」「指定フォルダ」で切り替えられるようになりました。
任意のフォルダにする場合は、「指定フォルダ」を押し、従来どおり「参照...」で設定します。


3.「ファイル」「画像出力」「イメージ通りに出力」で、ファイルの種類がJpegやGifに切り替えを行なったとき、拡張メタファイル(EMF)への切り替えができない場合があったのを修正しました。

4.「ツール」「設定」「全般」で、フォーマットにチェックを入れ、フォーマットファイルが画像のみで構成されていた場合に、ファイルを開いて保存したファイルを開いてもフォーマット要素が含まれてしまうのを修正しました。

Version2.44→Version2.441    2010/2/4

変更点

1.version2.44での追加機能で、画像を含んだ図面を保存する際に一時ファイルを削除する部分で不具合があり、修正しました。

Version2.43→Version2.44    2010/2/1

変更点

1.「地図くりえーたー3」対応になりました。ロータリーや縁付文字などの新要素の表示対応です。

2.「地図くりえーたー(1〜3)」の地図を取り込んだ時に、道路の太さが元の縮尺値によって変わる場合があるのを修正しました。

3.画像取り込みをしたときに作成される一時ファイルを、アプリケーション終了時に削除する際に残る場合があるのを、全て削除して余分なファイルが残らないように修正しました。

4.図形の四角形や多角形のプロパティで「模様を付ける」にしていたものを「画像出力」すると、中を塗りつぶしていなくても、その下の部品などが作業画面では見えていても画像では見えなくなっていたのを修正しました。

Version2.42→Version2.43    2009/10/14

変更点

1.「修飾文字」の形状が選べられるようになりました。

詳しくは

修飾文字

の追記説明をご覧ください。

2.「部品配置」の「イラスト」を25点追加しました。

Version2.41→Version2.42    2009/09/07

変更点

1.「文字」ツールで、行間隔が設定できるようになりました。
複数行の文字の行の間隔を、印刷mmサイズで指定できます。
すでに配置している文字にも、選択して右クリックから「選択文字の修正」で行間隔をつけることができます。
修飾文字(縁付文字)は行間隔設定はできません。

文字の行間隔を利用した表の作成

をご覧ください。


2. 「作図」「角丸四角形」が、従来多角形と扇形の円弧4つで構成されたものが作成されていましたが、多角形1つで作成されるようになりました。曲面部分は「アール作成」で作成したもので、分割数は「アール作成」時の設定どおりになります。多角形のみで構成されていますので、引き伸ばしの際に形が崩れず、色変更が容易になり利用しやすくなりました。

3.グループの中に文字の要素がある時、「グループ」の「グループの回転」を行っても文字は回転しなかったのを、回転するようにしました。

4.「文字」作成の入力枠にスクロールバーを設置しました。長い文章を書くときに書きやすくなります。



Version2.40→Version2.41    2009/05/11

変更点

1.テンプレートをa44からa47まで4つ追加しました。また、グラデーションと縁付文字を使用して既存のテンプレートをリニューアルしました。テンプレート更新は「不動産チラシ作成FT02」のユーザーの部屋より行なってください。


2.「作図」の「多角形」「連続線」「二重線」の作図中に、曲線の部分を作成する「アール作成」機能を追加しました。詳しくは、

「多角形」「連続線」「二重線」のアール(曲線)部分作成


をご覧ください。

3.レイヤー(層)の一覧表示ができるようになりました。「レイヤー(層)」は全部で16までありますが、どのレイヤーに、どの作成したオブジェクトがあるかがわかるように一覧表示できるようになりました。画面左側の「層一覧」を押すと、ダイアログが表示されます。
それぞれのレイヤーに名前を付けておくことができます。図の部分をダブルクリック(またはクリックしてOKボタン)すると、そのレイヤーが編集中になり、作図できます。


Version2.30→Version2.40    2009/04/08

変更点

1.不動産チラシレイアウトにグラデーション表示機能を追加しました。詳しくは

グラデーション表示機能の追加

をご覧ください。

2.レインズからダウンロードしたcsvデータファイルを取り込む作業についての説明ページを作成しました。詳しくは

不動産チラシへのレインズデータ(csvファイル)の取り込み

をご覧ください。
(version2.50より直接文字に取り込める機能を追加しました。詳しくはコチラをご覧ください。)


Version2.22→Version2.30    2009/03/11

変更点

1.「間取り・地図取り込み」で取り込んだ間取りや地図がレイヤー対応になりました。編集レイヤーを変えると、取り込んだ間取りや地図の上に文字や画像などを配置することができるようになりました。詳しくは

間取り・地図取り込みのレイヤー対応

をご覧下さい。


Version2.21→Version2.22    2009/01/15

変更点

1.文字が複数行の時に、斜めに回転すると行頭がズレるのを修正しました。

2.「間取り」取り込み時に「間取りっど」で壁の色を変えて縁線をつける設定にしていた場合に、FT02取り込み時に壁色が消えるのを修正しました。

3.「文字」の「フォントの設定」でサイズのポイント数を変えても、11から12の場合に変更しない場合があるのを修正しました。

4.「文字」の入力画面で、入力ボックスを大きくしました。


Version2.20→Version2.21    2008/12/19

変更点

1.取り込んだ画像の必要な部分だけを抜き取る「トリミング」ができるようになりました。詳しくは

画像のトリミング

をご覧下さい。

2.「売買用」「賃貸用」テンプレートを各1つ追加しました。
3.「表示」「グリッドに吸着する」のツールボタンを追加しました
4.縁付文字を単独でグループ化した時のハンドル位置が文字の大きさどおりでないのを修正しました。
5.円、円弧で作図したものを、選択して右クリックメニューの「円、円弧の多角形、連続線化」で多角形、連続線にできるようになりました。これで楕円を多角形化した後にグループ化して角度をつけられます。


Version2.14→Version2.20    2008/08/04

変更点

1.縁付の文字を作成する「修飾文字」機能を追加しました。
詳しくは

修飾文字の作成

をご覧下さい。

2.「円」や「円弧」を右クリックから多角形(連続線化)できる機能を追加しました。楕円を多角形化し、グループ化すると楕円に角度をつけることができます。


Version2.134→Version2.14    2008/04/30

変更点

1.「編集」の「元に戻す」アイコンの追加と最大10回まで可能になったのと、「元に戻す」操作を取り消す「やり直し」を追加しました。
また、「間取り・地図取り込み」の「元に戻す」動作が従来1回分だけだったのに対し、他のオブジェクトと同様に10回まで可能になりました。

2.ファイル間でオブジェクト(図形や文字、部品)をコピー&貼り付けできるようになりました。「選択」でコピーしたい部分を選択し、「編集」「選択物をコピー用ファイルに保存」をし、貼り付けたい図面を出して「編集」「コピー用ファイルから貼り付け」をすると選択状態で配置されます。画像や「間取りっど」などの図面はコピー&貼り付けできません。

3.「ファイル」「テンプレートを開く」の「テンプレート」を選択する画面で、「キャンセル」をした場合も編集中図面は保存するかどうか問い合わせるダイアログがでてきていたのを、「キャンセル」の場合はそのまま編集中の画面に戻るようになりました。


Version2.133→Version2.134    2008/04/14

変更点

1.「間取りっど4」で保存した図面を不動産チラシFT02に取り込んだときに部屋文字など、文字基点位置が左上以外でずれることがあるのを修正しました。


Version2.131→Version2.133    2008/03/12

変更点

1.「間取りっど4」対応しました。「間取りっど4」ファイル読み取りに関しましては不動産チラシFT02version2.12より対応しております。

2.間取り・地図取り込みで、「地図くりえーたー2」の図面を取り込んだときに道路の幅を「地図くりえーたー2」の「ツール」「設定」「道路・鉄道・河川の設定」の「幅」ピッチに 用紙に対する不動産チラシに取り込んだ地図の大きさ/地図くりえーたー2の地図の大きさで表示するようになりました。「地図くりえーたー2」で表示している道路幅と不動産チラシで表示している道路幅イメージに差異をなくしました。
 従来は不動産チラシに取り込んだときに、道路の幅はデフォルトの値に用紙に対する不動産チラシに取り込んだ地図の大きさ/地図くりえーたー2の地図の大きさで表示していたので、「道路・鉄道・河川の設定」の「幅」ピッチを変更していなければ問題はなかったのですが、変更していた場合に差異がでるのを改善しました。
これにより今後「地図くりえーたー2」図面を取り込んだときに道路幅は「道路・鉄道・河川の設定」の「幅」の設定値から適切な幅で表示されます。従来まで保存していた不動産チラシのファイルを開く場合には影響しません。

3.「文字」の入力画面の「フォント設定」でサイズを変更した時に、文字高さ(印刷mm)の値が連動して変化しないのを修正しました。
文字の大きさの設定は文字高さ(印刷mm)の値を変更するか、フォント設定画面でのサイズを変えることによってできます。

Version2.13→Version2.131    2008/02/08

変更点

1.version1.30で、「文字」を含んだオブジェクトをグループ化し、グループの保存をした場合、「部品配置」で配置したときに文字が小さくなってしまうのを修正しました。
version1.30より前に保存したものや、version1.30で図面をファイル保存したものに関しましては、問題ありません。


Version2.12→Version2.13    2008/01/30

変更点

1.「文字」ツールで、文字の高さと間隔を印刷mm(実際に印刷される高さ)で設定できるようになりました。詳しくは

文字の高さと間隔設定

をご覧ください。

2.「ツール」「設定」「動作設定」で「文字が実際に印刷される部分を画面上点線で表示する」にチェックを入れていた場合、従来点線で囲まれた範囲内に文字を表示し、範囲外の文字は切れるようにしておりましたが、文字は点線枠内で切れずにそのまま表示されます。従来どおり点線の範囲内に文字が印刷されます。

3.「不動産チラシ作成FT02」の複数同時起動はできるようになっていますが、両方とも画像を取り込んでいた時に片方の不動産チラシを終了するともう片方の不動産チラシが正常に画像を保存できない場合が起こりえるのを修正しました。

4.「地図くりえーたー2」のversion2.30以前で作成した地図くりえーたー2のデータを含む図面を不動産チラシFT02のversion2.11以降に取り込んで保存していた場合に開けない場合があるのを修正しました。


Version2.11→Version2.12    2007/12/25

変更点

1.「間取りっどPRO」のグラデーション表示に対応しました。間取りを取り込んで「選択物のプロパティ」でグラデーションの有無を切り替えられます。
2.「ファイル」「画像出力」で「イメージ通りに出力」の時に「EMF(拡張メタファイル)」で出力できるようになりました。
2.「直線」「連続線」の矢印などの端点形状が、ズームをした時に画面上の大きさが正しく表示できていないのを、修正しました。
3.文字のあるグループを回転させ、他の作業をして再び回転させると、文字だけ角度ずれるのを修正しました。また、グループの回転ハンドル(緑のハンドル)をグループの上部の真ん中にしました。
4.「選択文字の修正」で、「文字バックの色」リストが同じ色が2回でていたのを修正しました。


Version2.10→Version2.11    2007/09/03

変更点

1.「地図くりえーたー2」のversion2.30以降の「線太タイプの設定」に対応しました。間取りっど3等と同じく読み込み図面の線の太さは「ツール」「設定」「読み込み図面の設定」の「線の太さ」で画面上とプリンタを設定します。

2.「画像取り込み」で取り込んだ画像が、スムーズに移動できるようになりました。引き伸ばし時にも細かく大きさが調整できます。

3.「画像取り込み」で圧縮ビットマップが取り込められない場合があるのを、24ビット変換して画面上に取り込めるようになりました。

4.不動産チラシFT02に取り込んだ透過Gif画像(イラスト)が印刷時に透過しない場合に表示方法を切り替えて透過させる設定を追加しました。
通常のプリンタでは透過するのが普通ですが、ドライバに不備があったりした場合、プリンタのメーカーでは対応できない場合に切り替えてみてください。
「ツール」「設定」「動作設定」の「イラスト(透過GIF)を印刷すると透過せず印刷される」にチェックを入れてOKを押し印刷してみてください。
ただ、非常に動作が重くなるので、プリンタ側でどうしても対応できない場合のみ行ってください。通常どおり印刷できる場合はOFFにしておいてください(デフォルトはOFFです)


Version2.03→Version2.10    2007/05/21

変更点

1.角の丸い四角形を作図する「角丸四角形」を追加しました。「作図」「角丸四角形」で作図します。詳しくは

角の丸い四角形の作図

をご覧ください。


Version2.02→Version2.03    2007/04/05

変更点

1.「編集」「文字リスト」の表示時、従来は「文字リスト」のリストを選択して、図面の文字を修正していましたが、それに加えて逆に図面上の文字を選択すると、文字リストが連動して、その文字を修正できるようになりました。これにより文字リストを表示させておくと、内容を変えたい図面の文字を選択してすぐに修正できるので、文字内容の修正作業がラクになります。

2.テンプレートのページ切り替えボタンを、ページが表示される前に連続で押すと、正しくテンプレートが表示できない場合があったので、連続で押せないように修正しました。

3.「作図」「連続線」の連続線を「選択」のクリックで、選択できない場合があるのを修正しました。


Version2.01→Version2.02    2007/01/25

変更点

1.文字作成でバックの色が設定できない場合があるのを修正しました。


Version2.00→Version2.01    2006/11/29

変更点

1.間取りっどや地図くりえーたーの図面で矢印を使用していたものをFT02で取り込んだ場合、保存して再度開くと矢印部分が不正な表示をする場合があったのを改善しました。
FT02の2.00とFT01で保存された図面の間取り(地図)部分の矢印は、画面上では適当な大きさに(FT01と同じ)、印刷時には間取りの大きさに関わらず「ツール」「設定」の「端点形状のピッチ」で印刷されます。
FT02の2.01以降では、間取りを大きくしても小さくしても、間取りっど(地図くりえーたー)で作図した時の周りの図形と矢印の大きさのバランスを保って、画面表示、並びに印刷されます。



戻る